【島根】母親と兄で海水浴場に来ていた6歳男児、溺れて意識不明の重体 沖合30メートルでうつ伏せで浮く 波はほとんどなく

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180722-00000050-nnn-000-thumb.jpg

22日の正午すぎ、島根県松江市の海水浴場で6歳の男の子が溺れ、意識不明の重体となっている。

22日午後0時10分ごろ、松江市美保関町にある笹子海水浴場の沖合約30メートルで男の子がうつ伏せで浮いているのを海水浴客の女性が見つけ、消防に通報した。

男の子は、松江市内に住む樫木純乃介くん(6)で、通報者とともに海水浴に訪れていた男性に救助されたが、意識不明の重体。松江警察署によると、樫木くんは午前9時半ごろから母親と兄などと海水浴に訪れていた。

事故当時、波はほとんど無かったということで、詳しい状況や原因について警察で調べている。

7/22(日) 21:45
日本テレビ系(NNN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180722-00000050-nnn-soci