水難事故多発、高1ら8人死亡 6歳ら4人重体 [7月22日]

各地で水難事故も相次いだ。読売新聞のまとめでは、海などで8人が死亡し、4人が重体となった。

 22日午前9時50分頃、福岡県新宮町の新宮海岸で、シュノーケル体験のイベントスタッフとして参加していた同町の町非常勤特別職員土谷章悟さん(39)が浮かんでいるのを海水浴客が見つけ、搬送先で死亡が確認された。

 福井県高浜町の海水浴場でも午前11時20分頃、海水浴に来ていた兵庫県篠山市の高校1年、カナシロ・ダ・シルバ・ルーカス・デービッドさん(16)が沈んでいるのが発見され、搬送先で死亡が確認された。

 松江市の笹子海水浴場では午後0時10分頃、スポーツ少年団のイベントに参加していた市内の保育園児(6)が溺れ、意識不明の重体となった。

2018年07月22日 22時04分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180722-OYT1T50078.html?from=ycont_top_txt